幸せを感じて

うわ。

 

 

 

一瞬でも"いい人かも?"なんて思った自分を悔やんだ。

 

 

「そ…そうですね!自ら不幸を呼んでるのかもしれませんね!!でもいいんです!誰かを不幸にするなら、私が受ければ…」

 

 

 

 

・・・私は・・・強いから。

 

 

 

平気・・・だから。

 

 

 

 

 

 

泣けてきそうになるのを堪えていると。

 

 

 

 

"ぽんぽん"と、頭に優しい感触がした。

 

 

 

驚いて顔を上げると、少し困った様に、優しくほほ笑む彼が私の頭を撫でていて…

 

 

 

 

 

 

え?

 

戸惑う。

 

 

 

 

どんな反応をすればいいのか分からない。

 

 

 

 

そんな風に優しい表情されても、私はどんな風にしたら良いのか分からないよ…

 

 

 

私はかわいくない女。

 

 

 

 

相川さんみたいになれたら…

 

 

 

 

ふとそんな風に思った。

 

 

少しの沈黙のあと、

 

 

 

 

「お前にだって幸せになる権利がある。いや、幸せになれる。だから、泣きそうな顔じゃなくて、笑えよ…」

 

 

 

 

 

 

 

彼が笑った。

 

 

 

 

優しく。

 

 

 

 

 

なぜそんな風に私を気にかけてくれるのかは分からないけど…

 

 

 

もしかしたら、ただ、加刈部長の事があったからってだけかもしれないけど…

 

 

 

 

 

 

人からそんな風に言われて、思われて。

 

 

 

 

私はそれだけで何だか幸せに感じた。

 

"ぱこっ"

 

 

 

「いたっ!!」

 

 

 

 

急に、近くにあった雑誌を丸めて、彼は私の頭を軽くたたいた。

 

 

 

「はいっ!…おサボリ中止!!仕事すっぞ!」

 

 

 

彼が出て行くのを驚きの表情で眺めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「優しいんだか…ひどい人なんだか…よく分かんないな;」

 

 

 

 

でも。

 

 

 

 

「よしっ!!」

 

 

 

 

私は気合いを入れてお茶やコーヒーを入れ、いつになく元気に配った。

 

 

 

先輩方からは、

 

「おっ?!!どうしたのぉ〜?すごい元気じゃん??」

 

 

なんてからかわれながら。